日本とフランスで合わせてピアノ科、フルート科、室内楽科、ピッコロ科でそれぞれ学校を卒業♪フルート吹き初田章子の、大好きな音楽にまつわるひとりごと♪

by 初田章子

無茶ぶりの真相。

今日は大阪のザ・シンフォニーホールにて
オーケストラの定期演奏会にエキストラで呼んで頂いておりました。

プログラムメインはブラームスのピアノ四重奏曲、シェーンベルク編曲オーケストラ版!

久しぶりに、楽譜を見て目が点になりました。

「ロドリーゴのフルート協奏曲を2週間で仕上げてこーい!」
と、言われた留学時代を思い出しました。。。(遠い目)

『無茶ぶり。』
おおかたが予測するところの自然な流れではないこと。

具体的に言うと
フルートで第・4オクターブの高いたかーいEsの音(!)までを3人で音程合わせてとか、

身体の中の息の圧力で音の高低を操作する管楽器に対して
一音一音に対して息が影響しない、ピアノや弦楽器と同じような跳躍とか、、

「ほんとにどうしましょ、
ちょっと誰かシェーンベルクさんに電話かけて都合聞いてくれないかな」
ぐらいの気持ちで練習参加が始まったのが4日前。

本番の終わった今、

「こんなに良い曲だったなんて・・!!!」

と感動している自分と、数日前の自分の差が不思議なぐらいです。

無茶ぶりとはそれを振った人の予想を超えた結果が出たときには
むちゃぶりではなくなって新たな境地に至るのだな~、、と感じました。

知らなかった新しい喜びを見つけるのって、幸せです。
視界の中の黒っぽい部分が、べりっとやぶれてその向こうにカラーの世界が見えたような。
それが苦しんだ末の結果ならなおさら、生きてる幸せそのものに感じます・・♪


近々の本番予定
2月 
11日~15日大阪交響楽団 定期演奏会
18日~23日文化庁派遣 大阪交響楽団演奏旅行
24日~26日ザ・フェニックスホール主催「工藤重典と関西の笛吹たちvol.2」
3月
3日 青山音楽賞授賞式・演奏
9日~11日 逗子サロンみぎわ コンサート

2月は学校授業、音楽院レッスン、打合せ、音合わせなどにくわえて
入試や、生徒さんのソロコンテスト関西大会もあり、色々めまぐるしく感じます。

26日の「工藤重典と関西の笛吹たち、vol.2」
数日前におかげさまでのこり3席ほどでほぼ完売御礼とのことでした。
有り難うございます。m(__)m
[PR]
by flbouquet | 2012-02-16 03:13 | 演奏会案内