「ほっ」と。キャンペーン

日本とフランスで合わせてピアノ科、フルート科、室内楽科、ピッコロ科でそれぞれ学校を卒業♪フルート吹き初田章子の、大好きな音楽にまつわるひとりごと♪

by 初田章子

カテゴリ:フルート( 24 )

5月23日(土)京都青山音楽記念館バロックザールにて、
たくさんの皆さまのおかげで無事リサイタルを終えることが出来ました。

当日満員のお客様をお迎えできて、驚きと感激で胸いっぱいでした。
本当に本当に、ありがとうございました!!

今回、青山財団協賛の音楽賞受賞研修成果披露演奏会とのことで、
プログラムにはまだ日本でほぼ演奏される機会のないものなどを含め、
パリ音楽院の歴代卒業試験課題をアンコール含め5曲!となりました。
新幹線で東京や名古屋や北陸からいらして下さった方々もいらして、
御礼の言葉が追いつかないような状態です。


自分ひとりにできることは本当にちっぽけで、
何かをしようと思うほどに不甲斐ない自分を痛感する日々でもありますが、
たくさんのかたに見守って頂けることに感謝を込めて、
これからも小さな足で一歩ずつ、進んで行ければと願っております。


今回も本当に素晴らしい時間を共有して下さった、素敵ピアニスト長崎麻里香ちゃん☆
なんとメシアンの孫弟子にあたる人!!
彼女なしにはメシアンの音楽の喜びをこれほど知ることはなかったと思います。
昨年CDデビューした彼女の煌めく音楽を、あわせてこれからも見守って頂けましたら幸いです♪

そして何よりも素晴らしいバロックザールと青山の事務局の皆さま、
ご来聴下さった方々、関係者の皆さま、支えてくれた家族、
そして今までお会いして影響を与えて頂いたすべての人に感謝の思いです。
重ねて本当に、ありがとうございました!!!m(__)m
c0228942_21504255.jpg

[PR]
by flbouquet | 2015-05-27 16:00 | フルート
過日11月17日(日曜)、京都府立府民ホールアルティにて行われました
京都芸術祭音楽部門リサイタルRecitalに御来聴頂きましたたくさんの方々、
本当にありがとうございました!!!
c0228942_18373357.jpg

たくさんの方々のおかげで無事終えることができ、
感謝で胸一杯です!!
c0228942_18384727.jpg

当日、11月の第3週の日曜日、
秋も深まる紅葉の京都、
暑くもなく寒くもなく、お日柄もよく、、、

珍しいほどもの凄い勢いで、
コンサートと行事がその日に重なっておりました!!!

コンサートだけでも京都中のホールがなにか演奏会で埋まっており、
世界的伝説の巨匠イエルク・デームス氏によるレクチャーコンサート、
教育連盟関西地区ピアノオーディション、
PTNAステップ、京都市民管弦楽団定期演奏会、
京都の秋音楽祭、ムジカA国際音楽協会によるコンサート2つ、ルイサダ氏来日、
そして各世代での同窓会、学会in京都!

もうこれはお昼2時からホールにあまり人は来られないのでは、と思っていたら、
本番舞台に出て、びびびっくり!!
500席の府民ホールの一列目の目の前まで大勢のお客様、
二階の扉横に立ち見をしている人影まで見られて、
あまりにびっくりしすぎてテンションと心拍数が急高騰してしまいました・・!(><)
皆様本当に本当に、ありがとうございました!!!

素晴らしい共演者の長崎麻里香ちゃん、
そして初めてご一緒させて頂いた岡部悦子先生、
幸せな音楽の時間を過ごすことができて、心から感謝いっぱいです。

違う楽器による二つのリサイタルをお聴き頂けるこの企画、
一度で二度美味しいというか、芸術の秋を心ゆくまで堪能できる凄いイベントだとしみじみ思いました。
自分自身の反省は山ほど高く海ほど深くありながら、
お声かけ頂き、大勢の人に支えて頂いて、
この貴重な機会を頂けたことを本当に幸せに思います。

人としても音楽家としてもまだまだ至らないながら、
長い道のりをこれからも精進していければと願っています。
今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by flbouquet | 2013-11-22 18:44 | フルート

コンサート御礼

気づいたら・・今日から7月!!2013年の後半突入です・・!!!!
皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日京都府民ホールアルティにての華頂女子高校音楽科講師演奏会では
たくさんの方にご来聴頂き、ありがとうございました。

講師陣による演奏会ということで、
学生時代から憧れたくさんの先生方、先輩方とご一緒させて頂き、幸せでした。。☆
写真は同じ楽屋での一部の方々です♪
c0228942_14132256.jpg

演奏家としても女性としても素敵なお姉様方とアンサンブルをさせて頂けて、
またこれからのたくさんの目標を頂いた本番でした♪☆



c0228942_14253836.jpg

そして先日音楽の祭典の日、フェト・ド・ラ・ミュージック
がアンスティチュ・フランセ関西にて開催されました♪

フェト・ド・ラ・ミュージックはフランスで始まった「音楽の祭典の日」で、
その日は一日、朝から晩まで街のどこでも気軽にいろいろな音楽が聴けます!
最近日本にも導入されはじめているようでとっても嬉しいです♪

留学中はパリ管や国立オケなどがオルセー美術館などで無料演奏会をしているのを聴きにいったり、
歩行者天国にした道路で次々とアンサンブルをしたり、
即興でその場にいた現代バレエとのダンス・コラボレーションがあったりで、
なんでもありの音楽三昧の日を楽しんでいたことが懐かしく思い出されます。


パリの思い出を共有できる素敵ピアニストの岡田真季ちゃん、今回も有難うございました!!☆
総領事御夫妻もいらっしゃるなか、音楽を通したいろいろなジャンルの
いろいろな人と話すことができ、とても楽しくフランスを思い出した一日でした。

先日亡くなられたフランス人作曲家、ダマーズの追悼に
彼の曲が演奏できたことが、個人的にひとつの小さな心のくぎりのような気がしました。

ダマーズ、デュティユ、ムスタキ氏と、フランスのひとつの時代を代表する方々が
このところ相次いで亡くなり寂しさを感じるこの頃ですが、
自分にできる次のことを目指しつつ、夏に向けて頑張っていければと願う日々です。
[PR]
by flbouquet | 2013-07-01 14:47 | フルート

大事な時間。

自分にとって大事な人と会える時間は、
本当~~~~~~~~に、大事な時間です。
c0228942_1692948.jpg

先日パリで、恩師のレイモン・ギヨー先生宅にまた伺えたことは、
私にとって言葉にしつくせないぐらい幸せなことでした。

学生を終え社会に出て数年、
自分のための時間は日増しに無くなり、
学生時代とは違ったいろいろな悩み葛藤が尽きない日々ですが、
ギヨー先生とお話しできたことで、もの凄く、励みになりました。

数年ぶりにお会いできて、気がつくと2時間近く話続けていて、
留学時代よりも語学が随分上達したね!と言われ
「より完璧なフランス語の上達のために!」と(笑)
ギヨー先生お手持ちのタファネルの貴重な本を頂いてしまいました。
うあああ。。訳すの?本まるごとの翻訳はちょっと・・汗


また、いろいろと頑張りたいと思います。☆
[PR]
by flbouquet | 2013-05-01 16:18 | フルート

プリンと音のご馳走♪

c0228942_1934260.jpg

プッチンプリンがギネスに載ったというニュースに心躍らせていたら、
お誕生日に家族でご飯に行った先でプリンの素敵なサプライズ!
思いがけず頂いた沢山の方からのお誕生日メッセージと共に心が温まり、びっくり嬉しかった今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

ブログ更新がスローペースになっておりすみません。
二月って師走?だったっけ・・?(@@;)というぐらいに日々が短く感じる今日この頃です。

先日大阪ザ・フェニックスホールにて、〈工藤重典と関西のフルーティスト達vol.3〉
工藤重典先生フィリップ・ベルノルド氏、ニコリンヌ・ピエルー、前田綾子さんという
素晴らしい4人のフルーティストのコンサートに行って来ました。
リハーサルから本番後打ち上げまで全~部フランス語!♪
久しぶりに生のフランス語とフランス音楽に思う存分ひたった時間、幸せでした。。♪
c0228942_196869.jpg

世界的なフルーティストとして名高い工藤重典氏はもとより、
ベルノルド氏は私が学生時代、京都フランスアカデミーで最初に習ったフランス人フルーティストであり、
フランスが誇る世界最高のフルーティストです。☆
ニコリンヌ・ピエルーさんはベルノルド氏のお弟子さんで現在日本センチュリー交響楽団の首席奏者、
前田綾子さんは工藤先生のお弟子さんで東京佼成ウィンドオーケストラの首席奏者、
正にトップレベルの4人の共演、最高でした!!
ピアニストの岡田真季ちゃん、本当にお疲れ様~!☆

同じ企画の第二回に清水信貴先生や安藤史子先生方とご一緒させて頂いたのが
もういつの間にか一年前・・早い。。早すぎる。。。
フェニックスホール楽屋に去年の出演者寄せ書きが飾ってあったので記念にぱちり♪
工藤先生と今井信子さんの堂々としたサインに目が惹きつけられます。。☆
c0228942_1981660.jpg

[PR]
by flbouquet | 2013-02-19 19:03 | フルート

音に託す

昨日、師走の大変お忙しいなかクリスマスチャリティーコンサート東日本大震災復興支援
に御来聴頂いたたくさんのかたがた、本当にありがとうございました。

リハーサルに家をでる前、ちょうど
東日本大震災のドキュメントをテレビで放映していました。
本番前だというのに見ていると涙がおさえられなくて、途中で消して顔を洗って家を出ました。

それでも本番中のバッハの無伴奏パルティータ演奏中に
思い入れがこみあげすぎると泣いてしまいそうで、
「演奏家が悲しい表現で本当に泣いたらだめだよ」
と仰ったクリスチャン・イバルディ氏の言葉を思い出していました。
音に心をこめること、心を音にすること、どちらも、
これからの自分がずっと追い求めて行きたいことのように感じます。

オルガニストの桑山彩子さんのあたたかで自然な音楽、本当に素敵でした!!
河原町教会聖歌隊の厳かな声、ノートルダム小学校の合唱の美しかったこと・・!!
ゴスペルの方たちが出番の都合上聴けなくて残念。。
声って、なんであんなにストレートに心を打つんでしょう。。

小さい頃からの夢のひとつに、
母と一緒にチャリティーコンサートができたら、という思いがありました。
今回お声をかけて頂いて、親子共演の貴重な機会を与えて頂き、感謝でいっぱいでした。

言葉で伝えられる思いはたくさんあるけれど、
あるところまで行くと言葉を使うことに壁を感じる瞬間があります。
伝えられない思いが音になって、音で触れあうように何かが伝えられるとき、幸せを感じます。

・・いつもなかなかうまく伝えられない「ありがとう」や「ごめんなさい」が
母に演奏で伝わっていると良いのですが。。(><;

まだまだ未熟な人間の自分を痛感する日々ですが、クリスマスの近づくこの時期に、
自分と自分の音楽のありかたに向きあえるこのような機会を頂けたことに、あらためて感謝です。
c0228942_1321794.jpg
[PR]
by flbouquet | 2012-12-17 02:47 | フルート

時の流れ方♪

過日お忙しいなか
レクチャーコンサートにご来場頂いた皆様、有り難うございました!m(__)m
憧れのファゴット奏者、仙崎先生とご一緒できて幸せでした・・♪うっとり♪
今回テーマがバロックということで、私自身も大変勉強させて頂きました。
J.S.バッハ、テレマン、ルクレール、ボワモルティエ、4人の作曲家がほぼ同じ年で
同じ時代に生きているのに、国の違い、環境の違いでびっくりするほど違う音楽が平行してはぐくまれていく、、
現代とは違った時間の流れと人々の在り方に、ふんわりとした空気を感じました。

さて「バロック音楽」、そもそも高校時代は朝からバッハばっかり弾いていたほど大好きな分野ながら、いかんせん勉強し始めると広く深く限りなく。
思い起こせば大学時代にありがたくも古学実習という授業があり、
フルート・トラヴェルソ大家の有田正広先生はじめ、オーボエの本間先生、チェンバロの渡邊順生先生、、、たくさんの凄い先生方の講義と演奏を思いだss、、

もとい、受講した数年間の内容を詳し~く思い出そうとしてうろ覚えな自分を発見。
オトテールの装飾とクープランについてノートを取っていたはずなのに
書いてる途中でミミズの大暴れ。肝心のところが不明。とか。。。。

もっとど真剣に聴いておけば良かったっっっっっっっw(T△T)w!!!!

渡邊順生先生にいたっては皆から「じゅんなま」の愛称で親しまれていたので、
今回ふとしたことで「よしお」という御名前が本当の呼びかただったということを初めて知りました。なんといふ。。

悶々としているところに、フランスより来日中の、
植野真知子さんというバロック・オーボエ奏者の公演を聴きに伺わせて頂けました。
c0228942_152281.jpg

素晴らしかった・・・・!!!

パリ在住でバロックオーケストラLes Arts florissantに所属されていて、
日本におけるフレンチ・バロックの第一人者とのことですが、
かつて桐朋学園在学中に毎コン「管楽器部門」で須川 展也さんなどと優勝争いもされており、
卒業後バロック・オーボエに出会って目覚められたとのこと、凄すぎます。

音楽へのアプローチが自然で情熱的で上品であり美しく、まさしく本物のエスプリ!を感じました。
植野さん率いるソレイユ・ル・ヴァンの公演と、それに続くマスタークラス、本当に素晴らしいひとときでした。
また来日される折りには是非とも皆様、お勧めです・・!!
[PR]
by flbouquet | 2012-11-28 01:46 | フルート
c0228942_23325762.jpg

過日お忙しい中、プロヴァンスの風~ピッコロ&フルートコンサート・師匠と弟子の饗宴~
にご来場下さった皆様、本当に有り難うございました。
本当にたくさんのかたがたの支えと励ましのおかげで、
素晴らしいコンサートが実現したことを、心より感謝申し上げます。
企画主催者の渡邉育子ちゃん、本当にありがとう。
共演者の福田倫子ちゃん、素敵ピアニストの成田有花さん、感謝してもしきれません。
各楽器店の皆様の暖かいご支援と、東條茂子先生始め関係者の皆様、心より御礼申し上げます。
今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

写真は今回の特別ゲスト、世界的ピッコリストのジャン・ルイ・ボーマディエ氏(どや顔バージョン!)笑
卒業以来ほぼ3年ぶりの再会でしたが、変わらず暖かい気さくなお人柄で、
そのピッコロの豊かで類を見ないあたたかい音色は本当に素晴らしかったです!!
氏は来日5回目とのことですが、
今までいずれもフランス国立オケやコンベンションなど組織やツアーでの来日で、
ソロでの来日は今回が初めてとのことでした。

宿泊先のホテルまでの送り迎えや合わせなど数日間お世話をさせて頂くこととなり、(><;
上京してから予定していた数日間の自分の練習時間がほぼすべて泡と消え、(@▽@;)
本番3、4日前にようやくプログラムを教えてもらえて新しい楽譜を3曲受け取るなど(=口=;)!!!!、
いろいろな汗をかき本当にかつてなく未経験のスペシャルてんこもりな演奏会でしたが、
本当にとても貴重な時間でした・・!m(__)m

氏が以前「日本のTGV(新幹線)に乗ったことがあるよ、あれは凄いな!座席が動かせるんだよね!☆」
と、座席固定でリクライニングもなく行きも帰りも進行方向に座れるかは空席次第なフランスのTGVと比べて
感動されていたのが印象的でしたが、

今回は日本でタクシーじゃない普通の車に乗るのが初めてとのことで、
ピアニストの成田有花さん(本当にありがとうございました!!)の運転する車で移動する際に
運転席を開けようとされて「おぉ!左右逆だ!」
と喜んでおられたり。

ユーロと日本円の違いで千円札を一万円ぐらいだとずーっと間違えておられて、
出演者4人、師匠と弟子達でパスタランチを食べたあと
「僕が皆のぶんを出すよ」
と仰ってびしっと千円を出されてレジのお姉さんがおろおろされ、
生徒3人で顔を見合わせた後、
その隣でそれぞれの支払を済ませていくのを
「奢るって言ってるのに、なんでそんなことするんだ!」とちょっとお怒り気味になり。
「いや、それ10ユーロぐらいだから。」的ないくちゃんのつっこみで(勇者!)
「えぇっ!!」と気づかれたり。

駅ごとに違うメロディの流れる東京メトロに感心されたり、何層にもなった地下エレベーターに
「日本の地下鉄は深いな、高層ビルの高さと同じぐらい下まで行くんじゃないか?」と驚いてらしたり、、
移動中にジョゼフ・ランパルのお話やジャン・ピエール・ランパル氏のお話、
そして今回のコンサートに急遽参加して下さった作曲家・ピアニストのマダム・ポルツさんも交えて
フランスのソルフェージュ教育のお話など伺えて、とても楽しかったです!!

初日はマルセイユ訛りがやっぱりわかりづらくて大汗でしたが(*v*;)
数日で慣れて感覚が戻ってくるようで、やっぱりフランス語を勉強し続けないと・・と新たに思いました。

ああ今頃はフランスのフルートコンベンション最終日!
[PR]
by flbouquet | 2012-11-05 01:01 | フルート

秋と言えば・・

9月も20日過ぎながらまだまだ日傘のいる日中ですが・・

葡萄が美味しかったり☆
梨が美味しかったり♪
トンボが飛んでたり、ススキを見つけたり!♪

「小さい秋見~つけた!」
って、いい歌ですね~^^
これが小さい夏見~つけた、とか小さい冬見つけた、
ではなんとなくしっくりこなくて、秋ってところが良いです♪

先日「京都の秋音楽祭開会記念コンサート」、
そして「ちょっと本気でティータイムコンサート」
にご来場頂いた皆様、ありがとうございました!m(__)m

オーケストラの魅力にめろめろでした。
ホルストの惑星があんなに面白い仕組みになっていたなんて・・・☆


そしてそして、「ちょっと本気でティータイムコンサート」では、
大学寮、留学時代を同じ場所で過ごした美人ピアニスト岡田真季ちゃん、
彼女のご実家にある夢の国のような素敵なサロンにて共演させて頂きました!

ドビュッシー生誕150周年記念ということで前半はピアノの前奏曲集!
ドビュッシーもきっと喜んだだろう、うっとりの音世界を堪能させて頂きました・・・♪

ドビュッシーはフルートにはあまりソロの曲が多くないのが残念(;_;)
でもドビュッシーならではの
繊細で、水中の温度が微妙に変わっていくような、手触りのぬめり具合を感じるような
あの和声感の美しさは旋律一本の楽器だけはやっぱりちと厳しい。。。
オーケストラならいいんだけど・・無念~~。

素敵なチラシを作って頂いてありがとうございました!
c0228942_18175444.jpg

[PR]
by flbouquet | 2012-09-20 18:45 | フルート

ほんま お~きに♪

8月最後から9月にかけて、北海道にマスタークラスと本番に行っておりました。

飛行機は話題のピーチ便
初めてネットで予約して、どきどきでしたが無事往復できました♪
機内アナウンス降車の際に、
「みなさま今日は ほんま お~~きに♪」
って言わはるんがびっくり可愛かったです♪(*^v^*)

今回の工藤重典先生のマスタークラスは、
卒業してプロフェッショナルな活動をしている人を対象に行われ、
学生以来久し振りに会える仲間達と再会できてとても嬉しかったです。

かつて講習会やコンクールなどで一緒に頑張っていた仲間達が
日本各地、世界各国でオーケストラ、先生、ソリスト、様々な分野で活躍しているのを聞き、
教わること、教えること、演奏について、基礎練習について、
果てはクヴァンツのフルート奏法についての本をひっぱりだして
皆で大笑いしたりしんみりしたり、話題が尽きることなくあっという間の
とても楽しい時間でした。

学生の頃にも、ひたむきに音楽と楽器にかけている時間を共有できる仲間は貴重でしたが、
卒業して時間を経て、それぞれの人生を送りながら
なお一層音楽への情熱を感じて生きている仲間との再会は
心から有り難く、感謝でいっぱいです。☆
c0228942_0294336.jpg

[PR]
by flbouquet | 2012-09-16 00:55 | フルート