日本とフランスで合わせてピアノ科、フルート科、室内楽科、ピッコロ科でそれぞれ学校を卒業♪フルート吹き初田章子の、大好きな音楽にまつわるひとりごと♪

by 初田章子

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0228942_040999.jpg

先日24日、第61回大津曳山コンサートにいらして下さった方々、
ありがとうございました!!m(__)m

日本センチュリー(旧 大阪センチュリー)交響楽団首席の御夫婦、
宮本謙二先生と克江先生の長年続けておられる室内楽シリーズ、
今回は{アルファベットの「S」から始まる作曲家、曲を集めて}
というお題で、アンサンブルとソロとで出演させて頂きました☆

メインはサン・サーンスの「デンマークとロシアの旋律によるカプリス」、
オーボエの旋律にうっとり、クラリネットの軽やかさにわくわく♪ ・・フルート必死(笑)
初演がポール・タファネル大先生その人だったという記述をみて、
なるほど真面目に基礎練習しなければと青ーくなったのでした。。爆

ソロではP.サンカンのソナチネという曲を演奏させて頂きました。
ピエール・サンカンはフランスでは有名なピアニスト兼作曲家で(2008年没)、
ミシェル・ベロフなどのスーパーピアニスト達のお師匠さまでもありました。

当然ピアノパートから紡ぎ出される音のならびの美しさといったら悶絶もの!
ここまで芸術的にピアノの繊細な美しさを引き出せるのは
自身スーパーピアニストならではの作品で、
いつもこの曲を聴く時にはフルートよりもピアノに耳が惹きつけられてしまって困るほどです。
ピアニストの佐藤亜美さん、本当にありがとうございました!!

実はこのサンカンの「フルートとピアノの為のソナチネ」、
私がパリで習っていたレイモン・ギヨー先生が
オーレル・ニコレ達と一緒にパリ音楽院に在籍していたそのときに
卒業試験のために書き下ろされた作品なのです。

そのお話をギヨー先生から、ご自宅レッスンで直にうかがったときは
自分が何かフランス語を聞き間違えているのかとしばらく呆然としたのですが、
実際1948年、サンカン30歳の時に作曲され、
天才少年ギヨー先生のパリ音楽院在籍年とぴったり合うことに気づいて更に驚愕したのを
よく覚えています。

その後ベルリンフィルの首席奏者となるニコレ、パリ・オペラ座の首席奏者となるギヨー、
ともにマルセル・モイーズ直弟子で世界の頂点を支えていく彼らの、
サンカン立ち会いのその時の演奏がどんなだったのか、、想像するだけでぞくぞくします・・!!

そんなことを思いつつ、ギヨー先生のレッスンを思い出しつつ、
サンカンをまた本番で勉強しなおせたことに感謝をしつつ、、、、、

終演後翌日

フルートパート譜が演奏旅行直前の超多忙な宮本邸より郵送されて来たのでした。。
あほすぎる私。
本当にすみませんでした。。嗚呼。。m(__;)m。


今回も宮本ご夫妻のお人柄と音楽に、
人間としても音楽家としても本当にたくさんのことを教えて頂いて、感動でした。

くわえて今回ご一緒させて頂いた、イタリア人クラリネット奏者の
ロムアルド・バローネさん、ありがとうございました!
バローネさんは愛知県立芸術大学の先生ですが、なんと同じ京都音楽院の講師でもあり、
今回初めてお会いできてご一緒できて、とても嬉しかったです。

音のあたたかさや、演奏のはばの広さがそのまま
人間性の暖かさやふところの広さと通じることをまた感じられて、
しみじみと、出逢いに感謝です。。
[PR]
by flbouquet | 2011-09-29 00:40 | フルート

コンサートのご案内

秋です。

・・梨の美味しさにとろける季節がやってきました☆

実りの秋、食欲の秋、読書の秋、そして芸術の秋♪

ほっとひと息、普段よりも深~く呼吸できるような、
空の色がとても美しく感じるような、
五感がそれぞれ喜びを感じるような、

秋です。。


コンサートのお知らせです♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
♪ 9月24日(土)午後2時30分開演
第61回大津曳山コンサート
・アルファベット「S」から始まる作曲家、曲を集めて

・サン・サーンス :デンマークとロシアの旋律によるカプリス
・シューベルト  :セレナーデ
・サンカン     :フルートとピアノのためのソナチネ
・スペインメドレー、 ブラーガ:天使のセレナーデ、  他

オーボエ  : 宮本克江 (日本センチュリー交響楽団)
フルート  : 初田章子 (仏国立パリ地方音楽院卒)
クラリネット: ロムアルド・バローネ(スイス国立ベルン音楽院卒)
ファゴット : 宮本謙二 (日本センチュリー交響楽団)
ピアノ    : 佐藤亜美 (仏オーベルビリエ・ラ・クールヌーボ音楽院卒)

会場    : 大津祭曳山展示館イベントホール
入場料  :一般2,300円、高校生以下1,000円 (ワンドリンクつき)
       会員割引 大人1,700円(6回限定で入会金1,000円と共に当日受付発行)
主催:大津曳山コンサート事務局  後援:大津市
お問い合せ Tel: 077-521-1013 ( 大津曳山祭曳山展示館)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

♪10月9日(日) 20:00時開演 震災復興支援国際交流演奏会
京都 清水寺  -F・リスト200年の祈り-
Cカツァリス、矢野玲子、近藤由貴、深見まどか、綱場千晶、初田章子
NHK交響楽団メンバーによる五重奏(山口裕之ほか)、
お問い合せ:Tel: 075-341-3355 (事務局)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
♪10月10日(月・祝)午後6時開演
十五夜に集うコンサート ~月によせて~
 フルート、クラリネット、歌、ピアノ、そして合唱の饗宴
京都 嵯峨本願寺サロン
・ドビュッシー:月の光、ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
・フォーレ:月の光、滝廉太郎:荒城の月(J.P.ランパル版)・フォスター:夢路より 
歌:尾形光雄
フルート:初田章子
クラリネット:加藤京子
ピアノ:大淵真悠子
合唱:大谷楽苑 
 ~m(__)mおかげさまで完売致しましたm(__)m~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

10月13日(木)午後6時開演
東日本大震災復興チャリティーコンサートin門真
ルミエールホール大ホール
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

♪10月16日(日) 東京 (会員制)
四季のコンサート・秋 ~フルートとピアノによる~
カッシーニ、グノー:アヴェ・マリア、
リゲティ:虹
ドビュッシー:シランクス
ドップラー:ハンガリー田園幻想曲、他

フルート:初田章子  ピアノ:茂木彩
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

c0228942_141468.jpg

♪10月23日(日)14時開演
国民文化祭 京都2011開催記念 堀音同窓生による 第1回オータムコンサート 
会場:京都堀川音楽高等学校ホール(地下鉄「二条城前」駅徒歩1分)

・ピアノ:法貴 彩子、 バルトーク:ソナタ、ラヴェル:ラ・ヴァルス
・フルート:初田章子、Pf.長崎麻里香 ジョリヴェ:5つの呪文より、他
・テノール:松本 薫平、Pf.古川美恵子 プッチーニ:「トスカ」より'星は光りぬ'
・堀音同窓生による室内オーケストラ  サン=サーンス:組曲「動物の謝肉祭」
 湯浅 篤史(指揮) 田代 晶子、西谷 玲子(Pf)
 虎谷 朋子(Fl)、 村上 てるみ(Cl)、 村瀬 理子、 村瀬 響(Vn)、田代 直子(Va)、
 雨田 一孝(Vc)、 安田 絵実子(Cb)、宅間 斉、 村田 聖子(Per)、 語り:小玉 洋子

入場料:2,000円(当日2,200円) 学生1,000円(当日1,100円)
お問い合せ Tel: 075-253-1581 京都市立京都堀川音楽高等学校
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

♪11月12日(土)午後4時開演
京町家おこしやすコンサートpart3 ~ 癒やしのひととき ~
フルート:初田章子
ピアノ:下村美紗子
入場料:800円 (要予約) お問い合せ Tel:075-200-2701
[PR]
by flbouquet | 2011-09-08 02:48 | 演奏会案内
c0228942_202943.jpg

お昼は蝉の声、夜は鈴虫の声が聞ける今日この頃、
またもやブログがしばらくご無沙汰してしまいすみません<(_ _;)>
写真は先日金沢にお仕事で行ったときの、とある場所で出会った加賀獅子くん。
なんだか可愛くてやたらお気に入ってしまいました☆
あれれ、でもなんだか写真に載せるといかつい・・・?耳のたれてるワンちゃんって感じはどこへ。。???(@@;本物はかわいかったんですよ~~!;

さてメインのコンサートは4人の若手バイオリニストをソリストに、
サラサーテのカルメン・ファンタジー、コルンゴルトの協奏曲、ラヴェルのツィガーヌに、チャイコフスキーの協奏曲!!
バイオリン好きの私には、もう、最高っ!!!O(≧▽≦)Oな公演でした…☆

昨年の日本音楽コンクールを最年少優勝した現在桐朋学園の高校一年生山根君、
あふれる才能が眩しくて、神様が愛し過ぎてしまうんじゃないか心配になってしまうぐらいの、、天才でした。

続いてのクララ・ジュミ・カンはコルンゴルトの協奏曲を2週間で暗譜して仕上げたという、
ソリストとしての素質と自信が頼もしいドイツの才媛。
難しいだろうな~というはずの曲なのに、一瞬も難しそうに弾くことがなかった気がする。。

南紫音ちゃんは、私の留学時代、パリで開催されているロン・ティボー国際コンクールで彼女の演奏を生で聴いたのが懐かしい、現在桐朋学園大学在籍中。
もちろん昔からとても上手かった演奏が、素敵な大人な演奏になったなぁ〜☆☆☆
と、勝手ながらしみじみ感動してしまいました。

最後のホァン・モンラはキャリアを感じさせる演奏で堂々のチャイコフスキー、
やっぱり名曲っていいですねぇ、頭から離れなくなる。。

4人いずれも若手ながらその才能がキラキラとまぎれもなく輝いていて、一曲毎に会場がどぉっと沸き上がる瞬間が、これまた言葉にできないほどの幸せでした。

金沢の方々のまろやかな話し方とびっくりするほどの優しさが、オーケストラのサウンドの豊潤さとも通じるようで、人の素敵さに感動することいっっぱいの滞在でした☆
また行けたらいいな〜☆☆☆
[PR]
by flbouquet | 2011-09-08 02:00