日本とフランスで合わせてピアノ科、フルート科、室内楽科、ピッコロ科でそれぞれ学校を卒業♪フルート吹き初田章子の、大好きな音楽にまつわるひとりごと♪

by 初田章子

<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

幸運と、その先へ。

c0228942_1910522.jpg

写真はお散歩中に見つけたスズランの花♪
5月1日、フランスではスズランを贈って相手の幸運を願う素敵な習慣があります☆
このブログを見て下さった方々にも幸運がありますように。。♪

さてさて前回の更新からまたまたご無沙汰してしまいました。
気づけばもうすぐ2014年も半年・・ひえー!!

勤務先の高校音楽科マスタークラス&ミニコンサートで
特別講師で京都市交響楽団首席の清水信貴氏とのデュオをさせて頂けたり、
憧れのマタイ受難曲を安藤史子先生からお声かけ頂きご一緒させて頂いたり、
9年ぶり?のフルートフェスティバルin京都のお手伝いや
ムラマツリサイタルホールでのムラマツフルートさんの年に一度の合同発表会、
三井ホームさん主催の夢のような超豪邸でのサロンコンサート☆
亡き祖母のピアノを寄贈した施設での恒例親子コンサートなどなど・・♪
その他もろもろありつつ。

何より私にとってこの半年での最大の幸せは、
世界的室内楽奏者で私の室内楽の先生でもある
クリスチャン・イヴァルディ氏の来日、その公演お手伝いをさせて頂けたこと、
そして新日本フィルハーモニー交響楽団首席にして師匠の白尾彰先生による
ドビュッシー『牧神の午後への前奏曲』の公演を聴けたことです・・・・☆☆☆

世界的な、本物の音楽家には共通しているなにかがあるような気がします。
音楽に対して真摯であり、まず楽曲ありき、
常に表現のためのより良い方法を探し続けていて、びっくりするほど努力していて、
謙虚で自分には厳しく、人には大らかで、、、
そのすばらしさは一晩や二晩では語り尽くせないほどでいて、
規模の違う圧倒的な演奏と本番を思い出すと感動で胸が詰まって
言い表せる言葉が見つからない状態です。

何も言わずとも演奏が語る、
人としても音楽家としても尊敬してやまない
素晴らしい師に巡り会えた人生に、感謝でいっぱいです。
[PR]
by flbouquet | 2014-05-19 19:10 | 季節