日本とフランスで合わせてピアノ科、フルート科、室内楽科、ピッコロ科でそれぞれ学校を卒業♪フルート吹き初田章子の、大好きな音楽にまつわるひとりごと♪

by 初田章子

ソチ五輪

ブログご無沙汰してしまってすみません!
最近、「1月は行く、2月はにげる、3月は去ると言うんですよ~」
と教えてくれた方がいましたが、本当にそのとおりに感じます(><)
年越しまで雪崩れ込むように感じた日々が、年明けからはワープするみたいに感じます。^^

お仕事や生徒さんのコンクールや入試やいろいろありつつも、
個人的にはこのところ、ソチ五輪に夢中でした!
連日深夜4時までテレビを見ながら、あるいは携帯を握りしめ寝落ちし、目覚ましを夜中にかけて翌朝まで寝過ごし、規則正しい生活からかけ離れた学生のような無茶をしながら、、
久しぶりに歓声を上げ胸をときめかせる日々でした♪(☆v☆)♪

一番夢中になったのはやっぱりフィギュアスケートで、
羽生結弦選手の、被災と自宅全壊、避難生活を乗り越えての成長、
皇帝プルシェンコの引退の瞬間、引退宣言をした選手達の渾身の演技、
浅田真央選手の、信じられない失敗と感動的な奇跡の演技と、
これほど劇的に心が揺さぶられることは久しくなくて、心臓をわしづかみにされるようでした。
「事実は小説より奇なり」という言葉の「奇」は奇跡の奇でもあるんだなぁ、と思ったり。

演技構成、スピード感、技術、演技力、メンタル力など、音楽界との大きな共通性を感じました。
また、大きな国際音楽コンクールの場ととてもよく似ているように感じました。
出場者皆がお互いにライバルでありながらひたすらその競技に人生をかけてきたもの同士という意味で、
お互いを深いところで尊敬し認めあっている、幸せな場でもあると思います。

開催場所が世界のどこでも共通語は自然と英語になるので、
渡仏中ニースでのラリュー国際コンクールに参加した際も
記憶の底から英語をひっぱり出すのに大汗をかきながら、英語の重要性を痛感しました。
とは言え片言の挨拶でもブオナ・セーラ、と一言挨拶すればイタリア人と仲良くなれたり、
それぞれの国の人と挨拶が通じると感動します。

国による多様な違いからくる、感覚、行動、演奏、時代の流れの先端を生で感じられることは
最高に刺激的です。
壮大な演奏、強烈なパフォーマンス、信じられないほど美しい演奏や、
貧しい環境で勉強し、状態の悪い楽器で驚異的な演奏をする人…
その中で、日本人とその演奏がどう見えるか、ということを感じられたことも、
今の私の宝物になっていると思います。
真面目でつつしみ深い日本人ならでの美徳を
舞台上だけでも良い意味で打ち破ることは、並大抵のことではないと感じます。

ソチ五輪で見た羽生結弦選手、浅田真央選手の心の強さには、本当に言葉にならないほど感激しました。
音楽の世界はオリンピックほど注目されることはないけれど、失敗した場面を何度でも
全国放送で巻き戻しスローモーションで再生されることももありません。それを考えると、音楽家でよかった、と自分の弱さに逃げつつ、一生に一度でよいので最高の演奏をしてみたいと夢見る今日この頃です。。
[PR]
# by flbouquet | 2014-03-01 12:38 | 季節

謹賀新年 2014年

新年明けましておめでとうございます。 

昨年もたくさんの方々に大変お世話になり、
本当に有難うございましたm(__)m!

年々、時の経つのがどんどん加速していくように感じます。
年末に、京都芸術祭 毎日新聞社賞という賞を頂きました。
表彰式で先生がたに仰って頂いた言葉が、心に沁みました。

まだまだ未熟な自分の反省は山のように高く海のように深くありますが、
応援して下さる皆様のお心が本当に有り難く、感謝をどう表してよいかわからないほどです。
これからの長い人生、辛いことも悲しいことも、喜びも楽しみも全部
音楽に昇華していければと、願う日々です。

帰国してから4年が経ち、今の環境にようやく慣れてきて良くなったことと、
いつの間にか慣れてしまって良くなくなっていることとがあり、
その両方を気づかされた年でもありました。

自分ひとりでは何もできないことをあらためて感じ、
毎日たくさんの人に助けてもらって生きていることを痛感します。

もらった優しさをまた誰かにお返しできるよう、精進して行きたいです。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げますm(__)m☆

2014年、みなさまにとって健康で幸多い年になりますように!!
写真はお気に入り「マールブランシュ」北山本店の冬限定ケーキ達☆♪
c0228942_2341164.jpg

[PR]
# by flbouquet | 2014-01-12 23:04 | 季節

年の瀬

先日、お忙しいなか母のコンサートにご来聴頂きました皆様、
ありがとうございました!
東朝子先生主催によるチャリティーコンサートシリーズも第10回を迎え、
長く続けることの凄さをひしひしと感じます。
どうぞ今後とも、宜しくお願い申し上げます。m(__)m


私といえば、頂いたオケのお仕事やクリスマスコンサートなども終わり、
ようやく、ひといきついて少しほっとしております。。。
自分が忙しくてなかなか行けなかった、コンサートにお客さんで行く☆
というのもちょこちょこあちこちに聴きに行けていて、
素晴らしい音楽にまた出会えて、満足満足です・・♪♪♪

昨夜の三井ツヤ子先生のリサイタルも、素敵なひとときでした。
三井先生の歌も昨年から初めて聴かせて頂けて感動で、
共演者のピアニストのこれまたなんと素晴らしかったこと・・☆うっっっとりするような
あまやかなピアニシモでした♪はぅ~。。

自分は本当に、心底音楽が好きなんだな~と、しみじみ思います。
演奏する幸せもいっぱい、客席で聴く喜びもいっぱい、
家で秘蔵の音源にもだえる幸せもいっぱい・・♪
小さな子ども達から人生の大先輩方まで、たくさんの人に音楽を通じてふれあえるのも
とてもありがたく、音楽があって良かったと、言葉にはしきれない感謝の思いです。

留学中に先生から、どんなに辛いことがあっても
音楽が自分の支えになってくれる、そういう時が来る、
と仰って頂いていたのを思い出しました。

まだまだ駆け出しで未熟者ながら、人生まるごと音楽にできるような、
そんな音楽家達の背中を自分も目指して行きたいと願う今日この頃です。。

さてさて、気がついたら師走年の瀬暮れもさし迫り!!
みなさま、お身体あったかくされて、良いお年をお迎え下さいませ~!m(__)m
[PR]
# by flbouquet | 2013-12-27 15:53 | 季節
母の出演しているチャリティーコンサートのお知らせをさせて頂きます。
天使の楽器たちと共にクリスマスを奏でるX (第10回)
2013年12月7日(土)午後4時開演

プログラム ♪
バッハ:パルティータ ハ短調より"サラバンド" 他
チャイコフスキー:クルミ割り人形より"花のワルツ"
ヴェルディ:アヴェマリア
ドイツとスペインのキャロル
クリスマス曲  ほか

出演
ソプラノ:東朝子
フルート:初田茂子
ハープ:山根ひろみ
オルガン:桑山彩子

入場料 2,000円、 当日2,500円
収益の一部を東日本大震災被災地復興支援のために寄付します。

会場:聖ヴィアトール北白川教会
京都府京都市左京区北白川西蔦町22 Tel:075-724-6623
アクセス
京都市バス3番北白川小倉町(教会正門前)
京都市バス5番北白川別当町(御蔭通西へ400m)

天使の楽器たちと共にクリスマスを奏でる X
ネパールの子供たちに愛を!
東朝子先生にお声かけ頂き母が出演している、シリーズ
ノートルダム教育修道女会の教育活動援助のための
チャリティーコンサート、第10回を迎えました。
c0228942_14193453.jpg

前回に続き、収益の一部を東日本大震災被災地復興支援のために寄付致します。
演奏会詳細掲載サイト: http://kokucheese.com/event/index/127051/
[PR]
# by flbouquet | 2013-12-06 13:51 | 演奏会案内
少し前になりますが。

ボリス・ベレゾフスキーリサイタルin京都、バロックザール!!☆
ビバ・バロックザール!!
最近の青山音楽記念館、バロックザール企画の凄まじさといったら・・圧巻です。
世界の超☆一流どころを呼んで、200名の室内楽ホールで
息づかいが間近で感じられる空間で最高の音楽を堪能できるなんて夢のようです。
パリにいたときにラジオでめちゃめちゃ流れてた、本物の世界のトップ。
耳が、五感が、音のご馳走に酔いしれるひとときでした。
c0228942_13214599.jpg

握手っていうか猫の手持ってみた、的な圧倒的な手のサイズの違い。
なにせ企画発表直後から楽しみにしていた、ベレゾフスキーリサイタルin京都☆

初めてその演奏を生で聴けて感動、
超絶技巧プログラムをさんざん聴いて圧巻、
アンコール最後の最後のチャイコフスキーで、泣けてくるような優しいピアニッシモ・・!!!
ほ・・・惚れてまうやろ~~!(>△<)
あの旋律の運び方は、ちょっっっっと他では聴けない。

買うつもりのなかった彼のチャイコフスキーCDを買ってしまって、帰り道はお財布残り300円でした。ふふ~。
[PR]
# by flbouquet | 2013-12-06 00:47
過日11月17日(日曜)、京都府立府民ホールアルティにて行われました
京都芸術祭音楽部門リサイタルRecitalに御来聴頂きましたたくさんの方々、
本当にありがとうございました!!!
c0228942_18373357.jpg

たくさんの方々のおかげで無事終えることができ、
感謝で胸一杯です!!
c0228942_18384727.jpg

当日、11月の第3週の日曜日、
秋も深まる紅葉の京都、
暑くもなく寒くもなく、お日柄もよく、、、

珍しいほどもの凄い勢いで、
コンサートと行事がその日に重なっておりました!!!

コンサートだけでも京都中のホールがなにか演奏会で埋まっており、
世界的伝説の巨匠イエルク・デームス氏によるレクチャーコンサート、
教育連盟関西地区ピアノオーディション、
PTNAステップ、京都市民管弦楽団定期演奏会、
京都の秋音楽祭、ムジカA国際音楽協会によるコンサート2つ、ルイサダ氏来日、
そして各世代での同窓会、学会in京都!

もうこれはお昼2時からホールにあまり人は来られないのでは、と思っていたら、
本番舞台に出て、びびびっくり!!
500席の府民ホールの一列目の目の前まで大勢のお客様、
二階の扉横に立ち見をしている人影まで見られて、
あまりにびっくりしすぎてテンションと心拍数が急高騰してしまいました・・!(><)
皆様本当に本当に、ありがとうございました!!!

素晴らしい共演者の長崎麻里香ちゃん、
そして初めてご一緒させて頂いた岡部悦子先生、
幸せな音楽の時間を過ごすことができて、心から感謝いっぱいです。

違う楽器による二つのリサイタルをお聴き頂けるこの企画、
一度で二度美味しいというか、芸術の秋を心ゆくまで堪能できる凄いイベントだとしみじみ思いました。
自分自身の反省は山ほど高く海ほど深くありながら、
お声かけ頂き、大勢の人に支えて頂いて、
この貴重な機会を頂けたことを本当に幸せに思います。

人としても音楽家としてもまだまだ至らないながら、
長い道のりをこれからも精進していければと願っています。
今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
[PR]
# by flbouquet | 2013-11-22 18:44 | フルート