日本とフランスで合わせてピアノ科、フルート科、室内楽科、ピッコロ科でそれぞれ学校を卒業♪フルート吹き初田章子の、大好きな音楽にまつわるひとりごと♪

by 初田章子

スーパーモデルのような。

今日は学校の出前コンサート2回公演のあと、
夜は国際交流会館でのコンサート
「鈴木陽子作品展vol・3  近藤譲の作品と共に ROSCO」
に御招待頂いて、聴きに行ってきました。

ROSCOは高校・大学先輩のピアニスト大須賀かおりさんと、ヴァイオリニスト甲斐史子さんのお二人で現代曲を中心に活動されているグループで、結成10年を迎えられるそうです。

鈴木陽子氏、近藤譲氏、二人の日本人作曲家の曲のみを取りあげたプログラムの
いわゆる「現代曲の」コンサート、
素晴らしい夜でした!

例えるなら、スーパーモデルのような。☆

演奏を聴きながらぼんやりと感じたのですが、
たとえばデザイナーの作品として創作された「服を最高に素晴らしく見えるように着こなす」
のがスーパーモデルだとすれば、ROSCOのお二人は作曲家にとってまさにそのような存在なのではと思いました。

なんというか、
とっても可愛くて素敵な美人が跳んだりはねたりしながらファッションショーで歩いていても
顔にみとれていて肝心の服はそういえばあまり記憶に残っていない、とか、
すばらしく個性的な服装で歩いている人を街中で見かけたときに
服だけが歩いていたような錯覚を覚えるとか、そういうのではなく。

今日のコンサートで何より感じたのは、奏者自身の音楽家としての魅力もさることながら、
作品と、作曲家に対するめったに見られないほどの真摯な敬意、だった気がします。

「現代曲」と、一般的に言われている言葉の定義のなかには
「よくわからないもの」に近い、困惑しているようなニュアンス
も含まれていることが多いようです。

「わかりやすい」音楽と「よくわからない」と分類される音楽との差や原因は単純ではないながら、
今日の演奏は「よくわかる」とすら思う時間が多かったように思います。
また現代曲もやりたくなってきました♪
[PR]
by flbouquet | 2011-10-29 02:16