日本とフランスで合わせてピアノ科、フルート科、室内楽科、ピッコロ科でそれぞれ学校を卒業♪フルート吹き初田章子の、大好きな音楽にまつわるひとりごと♪

by 初田章子

伝えたいこと。

先日15日、「大友直人と卒業生が子供たちに贈る演奏会」
桐朋学園大学音楽学部附属子供のための音楽教室京都教室開室30周年記念演奏会
にご来場頂いた方々、有難うございました!

京都府立府民ホールアルティ、500人を超えるキャパの会場に
椅子を足してなお立ち見の状態で、すごい熱気でした。
京都教室の先生方、本当におめでとうございました!!

最年少2歳からの子供達が、ちゃんとピアノ伴奏に合わせて、
前奏から数えて間違えずに入って、歌詞を覚えて歌えるって凄い~~~(@@;

ゲネプロ段階ではどこかへ歩き出す子がいないかハラハラしつつ
可愛さにめろめろになりつつ、頑張って!と祈るような気持ちでしたが、
本番をちゃんと決める子供達、凄いと思いました。☆

前半を室内楽の後、後半、
指揮の大友直人先生によるレクチャーコンサート、素晴らしかったです。

子供に語りかけるときって、
一番大事なことを、
いちばんわかりやすい言葉で、
いちばん聴き取りやすく、伝えようとするんだな~、と、気づきました。

そうして伝えようとするそれは、二十歳をとうに超えた大きな人(?)
にも、心の奥を響かせるような一番大事なことだったりするのでした。


いちばん大事な一つのために、たくさんのものを省いていったら、
皆が大事だと思うことって、皆が共感できることに近いんじゃないかなぁ、
な~んて思ったのでした。。

初めて間近でお会いして、お話させて頂いた大友先生は
背はすらりと高く足は長く、穏やかな微笑みで気さくな、とっても格好いい方でした!
やっぱりファンクラブのある方の魅力はただごとではないですね~。☆

このところ個人的に目が回りそうに忙しい、ような気がしていましたが
大先輩方に比べればまだまだ、
なんとも手際わるくもたもたと小さなことをしている自分に気づきます。

無限の可能性をもつ小さな子供たち、
世界を飛び回る大きな存在である大先輩、
その両者と一緒にひとつの演奏会を終えられて、
明日への希望をたくさん頂いたような気持ちです。

明日も頑張ろ~!♪c0228942_15441669.jpg
[PR]
by flbouquet | 2012-01-19 02:08